いますぐ欲しい!世界のスマートテクノロジー(4)
自動運転 木材運搬トラック

By in
434
いますぐ欲しい!世界のスマートテクノロジー(4)<br> 自動運転 木材運搬トラック

みなさん、こんにちは!

 

今回は「自動運転 木材運搬トラック」についてご紹介します!

 

スウェーデン・ストックホルムのスタートアップ企業Einrideは、2018年7月に自動&電動の木材運搬トラック、”T-log“を発表しました。

(現在、公式ウェブサイトでは”Einride timber Pod“と表記されています。この記事トップの画像の出典:https://www.einride.tech/press)

公式ウェブサイトによると、主に以下の特徴があるとのこと。

Einride timber Pod (T-log)

  • 最大積載量 16トン
  • 航続距離 200 km
  • 最大速度 85 km/h
  • バッテリー容量 300kWh
  • サイズ 7.3 x 2.5m
  • 満載時重量 26 トン

 

また、こちらの記事によると、Einrideは自社のT-logについて次のように説明しています。

自動運転だけでなく、何百マイルも離れた場所から人間のオペレータによる遠隔操作ができる。(1マイルは約1.6km)

運転席がないため、車両の小型化、積載量の増加、柔軟性の向上、生産コストの削減、運用コストの削減、エネルギー消費の最適化が可能となった。

これは、日本の林業においてもニーズがありそうですね!

 

信濃ロボティクスイノベーションズでも、こちらでご紹介するように自動運転の草刈機開発を進めています。

様々な分野で、自動運転技術の開発が盛り上がってきていますね!

 

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

ご興味をお持ち頂けた方は、ぜひ下記のフォームからお問い合わせください!

    54321
    (2 votes. Average 5 of 5)